【iDeCo】14ヶ月目の運用実績公開!| 2021年12月

ideco - 14ヶ月目投資
この記事は約3分で読めます。

こんばんは、しーまんです。

年末調整も終わり、今年の確定申告もそろそろ準備を始めないといけない時期ですね。
皆さんは毎年どのように準備をしていますでしょうか?

さて今回は私のiDeCoの14ヶ月目の運用実績を公開していきたいと思います。

iDeCoとは

iDeCoとは個人型確定拠出年金のことです。iDeCoのことがよく分からないよという方は以前の記事を参考にしてください。

またiDeCoのメリットに関してはこちらの記事で例をあげて解説していますので、合わせてご確認ください。

iDeCo 14ヶ月目の運用実績

では早速今回の運用実績を公開してきます。
私は去年の10月にiDeCoを始めましたので、やっと1年を超えたところです。

前提として私は楽天証券でiDeCoの口座を開設しています。
投資している商品はバンガード社のETFであるVTIに連動する「楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))」になります。

投資金額は一般的な会社員の上限値だある月額23,000円になります。

銘柄の選定理由などはまた別の記事で紹介できればなと思っております。

今年の資産推移

まずは今年の資産推移をみていきましょう。

順調に評価損益が増えていってるのが分かると思います。
先月から傾向は特に変わっていません。

2021年 1月 2月3月4月5月6月
投資累計額111,448円134,277円157,106円179,935円202,764円225,593円
時価評価額118,457円144,676円177,480円209,204円233,667円264,253円
評価損益+7,009円+10,399円+20,374円+29,269円+30,903円+38,660円
2021年7月 8月
投資累計額248,422円271,251円
時価評価額290,951円322,390円
評価損益+42,529円+51,199円
iDeCo - 202112

先月との比較

次に先月との比較をみていきましょう。

楽天証券では月末の掛け金の残高への反映は月中(15〜20日くらい)になるため、1ヶ月遅れて画面に反映されます。そのため実際には1ヶ月前の結果を比較することになりますので、ご了承ください。

今回でいうと9月入金分と10月入金分を比較していきます。

10月の評価損益が8月のものよりも上がっていますね。
9月は一旦下げたものの、10月に戻したうえに+してるのが分かります!
10月はだいぶ好調でしたね。

2021年9月10月
投資累計額294,080円316,909円
時価評価額339,204円386,498
評価損益+45,124円+69,589円

まとめ

今回は私のiDeCoを開始してから14ヶ月目の運用実績を解説しました。

10月の相場はだいぶ良かったですが、11月,12月もまだ確定はしていないですが株式相場は悪くありませんので、期待できそうです。

今年もあと僅か1ヶ月!
年末調整も終わり、確定申告の準備を始める時期になりました。iDecoの節税効果を発揮するために申請忘れはしないようにしましょう!

この記事が、少しでも皆さんのお役に立ちましたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました